気分は王族

 

投稿頻度がまばらになってしまい大変申しわけありません。ツモ桐(つもぎり)です。

土日のゆっくりできる時間にのんびりと書き進めているので、完結まではもうしばらくかかるかもしれません。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

 

「脚」って、良いですよね・・・。

「愛」と母音が一緒ですし。

なんて馬鹿なことを考えていた絶賛賢者タイム中のツモ桐でしたが、カリンさんに「じゃ、お風呂いこっか」と誘われ、手を引かれるままに浴室へ。

 

一人暮らし用の狭いアパートだったので窮屈だったとは思いますが、カリンさんは不満ひとつ言わずに体を洗ってくれました。ありがたや・・・。

 

ところでみなさんは、誰かに体を洗ってもらったことはありますか?

あ、幼い頃両親に〜とか、そういうのは抜きで。それは経験した人が大多数だと思うので。

自分は高校の頃、陸上の仲間うちで何度か。

北上から遠征してどこかに泊まった時は、互いに互いの背中を洗い合うというのが伝統的(?)な習慣でした。

でもそういう部活のノリって、力任せにゴシゴシやるだけなので自分的にはあまり気持ち良くはなかったんです。

ぶっちゃけた話、同性に洗ってもらっても別に嬉しくはなかったですし。

 

お付き合いしている異性にやってもらったことのある人も、多分少ないのではないでしょうか。自分は今までそういった経験はありませんでした。

背中だけならともかく、他人の体を洗うのって結構な重労働ですしね。

 

そう考えると、現代日本において一般の方が他人に体を洗ってもらえるのって、デリヘルとかソープとか、そういった風俗くらいなのではないでしょうか。

女の子も汚い客の相手はしたくないはずなので、ちゃんと洗ってくれるでしょうし。

 

いやしかし、体を洗ってもらえるのって気持ちが良いものですね・・・。

こちらは座っているだけなので楽なものです。

そういえば、自分はテレビで映像を見たことがあるだけなのですが、大阪万博には全自動の人間洗濯機なるものがありましたよね。あれも便利そうといえば便利そうですが、作業的な感じがして(実際にそうなんですけど)自分はちょっと嫌です。

その点、カリンさんは丁寧に丁寧に洗ってくれました。

日常的に利用している自宅の浴室なのでリラックスできますし、ここはデリヘルの利点ですね。

 

まるでお付きのメイドにご奉仕させている王族の気分です。

目を閉じてゆったりとそんな気分に浸っていると、カリンさんが急に「ペッ」と何かを吐き出しました。

な、なにごと・・・?

何か気に触るようなことをしてしまったでしょうか。

 

よく見ると、消毒液を希釈したものでうがいしていたようです。風俗の利用は初めてなのですが、これは一般的なのでしょうか。後で調べてみたところ、衛生に気を遣っているお店ではきちんとこの手順を踏んでいるようです。

性病とか怖いですもんね。

 

「はい、どうぞ」

 

カリンさんはコップにもう一杯それを作り、こちらに手渡してきました。黒々しい液体に戸惑いましたが、匂いで小学生の時によく使っていたアレだと分かり一安心。

浴室を出てベッドへ向かいます。

ちなみに、出したばかりなのを考慮してくれたのか、浴室ではエッチなことは何もなく、ただただ普通に心地よかったです。

 

 

次回へ続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です